▶  ホーム  ▶ 残業代の調整方法  ▶ 残業許可制の導入

残業許可制の導入

名古屋熱田社会保険労務士事務所が残業許可制の導入による残業代の削減と増加方法についてご説明致します。




残業許可制とは、従業員が残業を行う時には、事前に上長に申告させ残業を行う許可を取るようにする制度です。

この制度の良い所は、ゆったりと仕事をして、残業になってしまっている従業員等を減らす事が出来る為、会社としては残業代を削減出来るという事です。

又、従業員からしても、仕事にメリハリが付き、残業時間が減るため、自身の自由な時間を増やせるというメリットがあります。

どうしてそのような従業員を減らす事が出来るかというと、残業する事を上長に申告させると、上長が当然のように嫌な顔をします。勿論明らかに必要な残業であれば嫌な顔をする事はない(あってはならない)ですが、ダラダラと残業をしている従業員からの残業申告に対しては当然嫌な顔をする事でしょう。

そして今後は効率よく仕事を行い残業をしなくてよいようにするようにと上長は従業員に指導をするはずです。

その為、従業員はメリハリをつけて仕事をするようになる為、会社としては残業代が減りますし、従業員としては残業をせずに帰る事が出来て、自身の自由な時間が増えるという双方にとってのメリットがあります。

反対にあまり語られませんが、残業許可制にはデメリットもあると名古屋熱田社会保険労務士事務所では考えています。

それは従業員のモチベーションのダウンの可能性がある事です。

会社によっては人件費を削減して、従業員が常に忙しすぎる(当然それなりに忙しく働いてくれなくては困りますが・・・)状態の場合があり、したくもないが仕方なく残業をしている従業員がいる所もあります。

このような会社で残業許可制を取り入れてしまうと、従業員からは、やりたくもない残業をしているのに許可をもらわなくてはいけないなんてどういう事だと、会社に対する反発が強く出る場合もあります。

その為、上記のような会社は残業許可制を取り入れるのはよく考えてからにするべきかと思います。




以上、残業許可制の導入についてご説明してきましたが、御社は如何でしたでしょうか?ダラダラ残業が多いような会社であれば、残業許可制は残業代削減にかなりの効力を発揮する為良いと思います。

反対に、従業員の給料を増やしてあげたい会社であれば、意欲のある従業員からの残業申請をどんどんと許可してあげれば良いと思います。

その為、名古屋熱田社会保険労務士事務所は残業許可制の導入をオススメします。

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み