▶  ホーム  ▶ 中小企業の労務管理のツボ  ▶ どのような事でトラブルになりやすいのか

どのような事でトラブルになりやすいのか

名古屋熱田社会保険労務士事務所がどのような事でトラブルになりやすいのかについてご説明致します。




労務管理上トラブルとなり得る事は沢山ありますが、特に気をつけて頂きたいのは未払残業代についてです。

残業代をしっかり払うのは中小企業にとってはとても大変で厳しい事です。しかし、今までサービス残業をさせていたから今後も大丈夫だと考えるのは危険です。

理由の一つとしては労基署(労働基準監督署)の定期監督です。数年に1回程度の頻度でありますが、この時に真っ先に調べられるのがタイムカード、賃金台帳です。そしてこの2つを見比べてサービス残業をさせていないかをみるのです。

もう一つの理由としては、司法書士や弁護士の未払残業問題への参入です。以前までは過払い金問題を生業としていたのですが、それも一段落したため、近頃は未払残業代について労働者から依頼を受け、会社に請求する事を生業としています。『未払残業 請求』等と検索すると沢山ヒットしてきますので会社としては大変危険な状態です。

それでは、これら2つの理由によって未払残業が発覚した会社はどうなってしまうのでしょうか?答えは悲惨なものです。過去2年間に渡って未払残業代を支払うよう指導されるのです。

労基署から指導された場合は是正勧告という形とまずはなります。そしてその勧告を守らず未払残業を支払わない場合は、書類送検されてしまうのです。未払残業代を支払わなればならないのは、勿論、対象従業員全員分です。

司法書士や弁護士に労働者が依頼して未払残業代を会社に請求してきた場合はどうなるかというと、まずは内容証明で未払残業支払の請求をしてくる事が多いです。そしてその後は労働審判となります。労働審判とは簡単な裁判のようなものだと思って下さい。この場合未払残業代を支払わなければならないのは依頼者である従業員の分だけの場合もありますが、すでに退職している従業員の分や、最悪、まだ在職している従業員の分もまとめて請求してくる場合もありますので注意が必要です。

ここまで、未払残業代について書きましたが、これ以外にもトラブルの元となる事は沢山あります。私なりに順位をつけますと、1位は未払残業代、2位はパワハラ・セクハラ、3位は育休・産休についてというところでしょうか。




名古屋熱田社会保険労務士事務所が特に気をつけて欲しいのは、未払残業代についてです。社労士の立場としては支払うようにと言いたい所ですが、実際には残業代を支払っていたら会社が潰れてしまうというような中小企業も沢山あります。その為、残業代をしっかりと支払うのは大変厳しい所です。しかし、一つだけ覚えておいて欲しい事があります。未払残業問題をそのままにしておく事は、いつかは自分の手元にきてしまう爆弾ゲームをしているようなものである事を。

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み