▶  ホーム  ▶ 中小企業の労務管理のツボ  ▶ 残業代等について

残業代等について

名古屋熱田社会保険労務士事務所が残業代等についてご説明致します。




残業代等について気をつけて欲しい事は、基本的な事から応用的な事まで沢山ありますが、その中から多くの中小企業でやりがちなミスについて書かせて頂きます。

まず基本的な事ですが、大事な事なので一緒に復習していきましょう。

残業代等と書きましたが、ここでは時間外労働手当(所定時間外労働手当・法定時間外労働手当)、休日労働手当、深夜労働手当についてご説明します。

まずは簡単な、深夜労働手当についてですが、これは22時~5時までの間に働かせた場合に時間給の0.25倍の手当を払う事をいいます。例えば、時間給が1000円だとしたら、1時間深夜労働をさせる度に250円の深夜労働手当を時間給とは別に支払うのです。

次に休日労働手当ですが、これは1週間(日曜日~土曜日)の内の2日の休み(週休二日制の場合)があった場合に、1週間の最初の休み、例えば土曜日と日曜日が休みであれば日曜日に働いた場合に、時間給の1.35倍の手当を払う事をいいます。例えば、時間給が1000円であれば1350円の休日労働手当を支払うのです。

最後に時間外労働手当についてですが、これには所定時間外と法定時間外の2種類があります。所定時間外は会社で労働者個々に定めている所定労働時間を超えた場合の時間外労働の事です。一方、法定時間外は1日8時間、1週40時間を超えた場合の時間外労働の事です。法定時間外労働手当は時間給の1.25倍を払う必要があります。

ここからは応用的な事になります。

では、所定労働時間が7時間の正社員が9時間働いた場合は時間外労働手当はどのように払えばいいのでしょうか?

まず、7時間から8時間まで働いた分は所定時間外労働となります。時間給が1000円だとしたら1000円を支払えばいいです。割増する必要はありません。

次に、8時間から9時間まで働いた分は法定時間外労働となります。時間給が1000円だとしたら1.25倍して1250円を支払うのです。

合わせると、1000円+1250円で2250円の時間外労働手当を支払う必要があるのです。




名古屋熱田社会保険労務士事務所が特に気をつけて欲しいのは、所定時間外労働手当と法定時間外労働手当の使い分けについてです。法定内ではあるが、所定時間外の時間外労働の場合には賃金を割増する必要はありません。単に時間給を支払えば良いのです。この事を知らずに損をしている会社は沢山あります。人件費を節約したければ気をつけるべきポイントかと思います。

その一方で、所定時間外労働手当と法定時間外労働手当を分けて計算すると面倒であるというデメリットもあります。又、従業員にこれらの事をしっかりと説明しておかなければ、何で1.25倍してあったりしてなかったりするんだろう?会社はインチキをしているのではないか?と思われる可能性もあります。その様な事を防ぎたい会社は所定時間外労働手当も法定時間外労働手当と同じく1.25倍で計算して払うのも一つの手です。

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み