▶  ホーム  ▶ 中小企業の労務管理のツボ  ▶ 就業規則を整える意義

就業規則を整える意義

名古屋熱田社会保険労務士事務所が就業規則を整える意義についてご説明致します。




就業規則を整える意義としては、次の2点があります。

(1)労働基準法で就業規則を整える事が定められている為

一つ目としてはまずはこれがあげられます。従業員10名以上(パート・アルバイト含む)の企業は、個人事業、法人を問わず就業規則を作成し、労働基準監督署に届出るようにと労働基準法で定められております。

これを守らなかった場合、30万円以下の罰金となります。又、就業規則を整えているかどうかは、労働基準監督署が検査に来た時に必ず見るポイントですので、お気をつけください。

(2)会社を守るため

二つ目としてこれがあげられます。よく社長が勘違いをしているポイントとして、「就業規則を作ると会社が就業規則にしばられてしまう。」というのがあります。これは大きな間違いで、就業規則にのせてある会社をしばるような内容は、とっくに法律で義務付けられている内容です。つまりは、就業規則があろうがなかろうが、会社は法律によりとっくにしばられているのです。

では、何のために就業規則を作るかというと、会社を守る為です。就業規則には大きく分けて次の2つがのせられております。

①会社をしばる内容

例えば、『会社は年に1回定期的に健康診断を行う。』等と就業規則にのせている場合です。しかしながら、先ほど説明したようにこれはとっくに法律により定められている内容です。就業規則に会社をしばるような内容があろうがなかろうが、とっくに法律により会社はしばられておりますので、就業規則を作ったからといって会社に不利益はありません。

②会社を守る内容

例えば、『会社は正社員に残業を命じる事が出来る。正社員は正当な理由をなくしてこれを拒んではならない。』等と就業規則にのせている場合です。就業規則かない場合には、正社員が会社から残業を命じられた時に従うかどうかは任意になってしまいますが、就業規則を作っている場合には、従業員は就業規則に従わなければならない為、残業をせざるおえません。尚、就業規則には懲戒処分についても記載がある為、上記の命令に従わない従業員には懲戒処分を下す事も出来るようになります。




名古屋熱田社会保険労務士事務所が特に気をつけて欲しいのは、従業員が10名以上であるにも関わらず、就業規則を作成しない場合です。この場合は30万円以下の罰金の対象となる他、就業規則がなく会社を守る規定が無い為、モンスター社員を抑える手段が全くなくなってしまう為大変危険な状態となってしまいます。

名古屋熱田社会保険労務士事務所にご依頼頂ければ、他社の通常の値段と比べて1/3以下の値段で就業規則を作成させて頂くため、大変お安くなっております。宜しければ就業規則の作成をご検討ください。

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み