▶  ホーム  ▶ 中小企業の労務管理のツボ  ▶ 採用した者に提出させる書類

採用した者に提出させる書類

名古屋熱田社会保険労務士事務所が採用した者に提出させる書類についてご説明致します。




採用した者に提出させる書類としては、多々ありますが、今回は中小企業で最低限これだけは採用者に提出させて欲しいという物を記述させて頂きます。

尚、これらの提出させる書類の内、会社側が用意して採用者に渡す書類は、名古屋熱田社会保険労務士事務所に顧問契約して頂いているお客様には採用者がいる度にお渡しさせて頂いております。




(1) 入社時誓約書
    (履歴書に相違ない事、定期健康診断を受ける事、賠償責任等記載)

(2) 身元保証書
    (身元保証人の確保)

(3) 機密保持および個人情報保護に関する誓約

(4) 通勤届
    (通勤経路と通勤手当支給の為)

(5) マイカー通勤許可申請書
    (マイカー使用による自己責任の誓約書を兼ねる)

(6) 給与・賞与振込先届

(7) 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

(8) 住民票記載事項証明書(マイナンバーを除く)

(9) 年金手帳または基礎年金番号が分かるもの

(10) マイナンバーが確認できるもの

(11) 雇用保険被保険者証 (前職のある者のみ)

(12)源泉徴収票 (前職のある者のみ)

(13) 健康診断書(提出前3か月以内に作成されたもの)




以上、代表的な13の項目について記述しましたが、名古屋熱田社会保険労務士事務所が特に気をけて欲しいのは、(2)身元保証書についてです。身元保証書というと従業員が何か会社に損害を与えた時の金銭的な保証人というイメージが強いですが、近年増加しているメンタル不調者が出た時の身元引受人としての保証人を確保するという意味でも身元保証書は大変重要なものとなります。

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み