▶  ホーム  ▶ 労務管理用語辞典  ▶ 出向(在籍)

出向(在籍)

名古屋熱田社会保険労務士事務所が出向(在籍)についてご説明致します。




出向(在籍)とは、現在働いている会社から別の会社へ移って働く事をいい、在籍出向と転籍出向の2種類がある。

在籍出向とは、現在の会社に籍を残したまま一定期間出向先で働き、又元の職場に戻るという場合である。

使用者が在籍出向を命じる事が出来る条件としては、労使協定や就業規則に出向を命じる規定があるか、それともか個々の労働者の承諾を得る必要がある。

根拠となる判例では、使用者は労働契約に際し、明示した労働条件の範囲を超えて当該労働者の労働力の自由な使用を許すものではなく、当該労働力の承諾その他これを正当づける特段の根拠なくして労働者を第三者のために第三者の指揮下において労務にふくさせる事は許されないとしている。




【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み