▶  ホーム  ▶ 助成金の基礎知識  ▶ 9、業績向上効果とは?

9、業績向上効果とは?

名古屋熱田社会保険労務士事務所が9、業績向上効果とは?についてご説明致します。




8.経費削減効果とは?で、助成金を活用すると経費(特に初期の人件費)を大幅に削減出来る事をご説明しました。それでは次は、助成金を活用する事で得られる業績向上効果についてご説明致します。

愛知・名古屋の中小企業が、助成金で受給する事の出来る金額は種類にもよりますが、100,000~28,000,000円程度です。そして大体の助成金は受給金額500,000円程度となります。

この600,000円と聞いた時に、このページをご覧になっている愛知・名古屋の経営者様はどのように感じられましたか?思ったより多いなという方もいれば、大した事ないなと思われた方もいるのではないでしょうか。

今回、ご説明するのは助成金を活用する事による業績向上効果についてですが、まず始めにお伝えしたい事は、先ほどの500,000円は売上ではなく、利益としてあがる500,000円だという事なのです。

もう少し詳しくご説明しますと、愛知・名古屋の中小企業が500,000円の利益をあげる為には様々な経費がかかります。人件費は勿論の事、材料などの仕入費、設備投資費、広告費等です。それらを考えると、例え20,000,000円の売上が上がっても利益としては微々たるものなのです。

よくある例としての小売業であれば、20,000,000円の売上が上がっても経常利益は800,000円あれば良い方です。

ところが助成金は違います。500,000円を受給するという事は、500,000円の利益なのです。ですから、例えわずかな金額であっても、大きな利益となるのです。

それでは助成金で500,000円を貰った時、一体いくらの売上に相当するのでしょうか?これは愛知・名古屋で経営するあなたの業種によって違います。

例えば、愛知・名古屋の小売業であれば、平均的な経常利益率は4%程度となります。そこから逆算すると500,000円の助成金は12,500,000円の売上に相当します。昨今の経済状況を鑑みるに、これはすごい金額ではないでしょうか。

そして、愛知・名古屋の卸売業であれば、平均的な経常利益率は1.5%程度となります。そこから逆算すると500,000円の助成金は33,300,000円の売上に相当します。昨今の経済状況を鑑みるに、これはすごい金額ではないでしょうか。

如何でしょうか。助成金を貰うためには多少の苦労が伴いますが、12,500,000~33,300,000円の売上だと考えれば苦労以上の価値が十分にあるのではないでしょうか。愛知・名古屋の中小企業は是非とも助成金を活用しましょう。

何より、助成金申請を社会保険労務士に依頼すれば、上記の多少の苦労すらもほとんどなくなるわけですから。




以上、名古屋熱田社会保険労務士事務所が9、業績向上効果とは?についてご説明させて頂きました。




8、経費削減効果とは?

≪ 9、業績向上効果とは? ≫

10、労務管理の整備とは?

【名古屋熱田社会保険労務士事務所のその他の情報】

顧問契約のお申し込み